2019.02.05

医療センター訓練に学生ボランティア参加


2月3日(日)、学校近くの医療センターで実施された「緊急医療救護所」の設置・運営訓練に当校学生9名が参加しました。

この訓練は、八王子市と八王子医療センターが主催する地震などの大規模災害に備えるものです。

地域の医師会、薬剤師会、町会自治会、近隣大学生なども含め、200名程度の参加者での実施です。

当校学生は搬送担当として、トリアージで傷病レベル分けされた傷病者を車イスやストレッチャーを活用し、搬送しました。

有事の際には、「緊急医療救護所」は地域の人が運営、病棟内は医療センターが運営できることが被害を最小限に留めるために有効との高い意識で実施されているこの訓練。

若い当校学生の力への期待の強さを感じました。

 

全体概要の説明

全体概要の説明

車イス・ストレッチャーの活用方法修得

車イス・ストレッチャーの活用方法修得

(笑顔が大切との説明)

(笑顔が大切との説明)

受付・トリアージで傷病レベル分け

受付・トリアージで傷病レベル分け

車イスでの搬送

車イスでの搬送

ストレッチャーでの搬送

ストレッチャーでの搬送